FC2ブログ

2019-08

風立ちぬ - 2014.06.23 Mon


風立ちぬ [Blu-ray]風立ちぬ [Blu-ray]
(2014/06/18)
不明

商品詳細を見る


去年劇場で観て以来なので1年ぶりに我が家のシステムで視聴。
音声は、リニアPCM 2ch、dts-HD 1.0chと挑戦的な収録と思える。
テレビのスピーカーや2chシステムで映画を楽しむ人にとっては問題ない事だがサラウンドシステムで頑張っているユーザーには試練のような感じがする。
この作品は1.0chのためにセンタースピーカーのみの勝負でなる。

今時はモノラルやステレオで録音された映画をサラウンド化したりしてブルーレイやDVDを発売しているが、自分のポリシーとしては、映画館でかかっていたオリジナルの録音チャンネル数で映画を楽しみ体感したい。
だから、風立ちぬも1.0chで楽しみたったのである。
モノラル録音とはいえ、今の時代に作られた作品なだけにワイドレンジで聞き応えのある音に仕上がっている。
1930〜60年代のモノラル映画と比べると当然ながら雲泥の差。
しかしかながら、小津安二郎のデジタルリマスター版は聞き取り易いし、モノクロもカラーもどちらも色が濃厚でアグファカラーの赤が美しい。
しかし、これらは松竹で製作された作品で、大映で製作された「浮草」の音は誠に聞き取り辛い。東宝の黒澤作品の感じに近く、字幕が欲しいとさえ思えた。

風立ちぬは関東大震災から戦後までの話におり、面白いところは、あらゆる事に対して説明がないことである。
カプローニ、ユンカースと飛行機設計者が出てくるが彼らの説明なし。時代背景の説明なし。
この感覚は昔の映画そのもの。
これが本来の映画の在り方なんだと心の底から思う。
今の映画は1〜10まで説明されて誰が観ても分かるようにつくられているが、そういう映画を観て本当に満足できるのか…。
映画はバカでは観れない。
歴史、文化、風俗、宗教、文学など、これらの知識があってこそ理解できる作品こそが芸術であり映画だと信じている。
だから分からなかった所は自分で調べて理解を深めていく。
これが面白いのだ。
風立ちぬもその部類の映画であり、芸術である。
この部類を近年製作された作品は「桐島、部活やめるってよ」である。
「桐島、部活やめるってよ」の中でジョージ・A・ロメオの名前が出てくるが、映画好きならこの名前を聞けば理解できるが、分からないと…映画を完全には楽しめない。
こういった作品が今後も日本で製作されていくことを期待したい!!

生意気な発言、すいません。
だけど、これが自分の本音です。

いい音の機械は美しい - 2014.05.31 Sat

SY-88が壊れて3ヶ月、悩みに悩んで選んだニューフェイス、カウンターポイント SA-3!!
見た目も美しいが、音も美しい。
今まで聴いていた音が恥ずかしく思える程の変化!
低音のドンシャリは消え、耳に突くキンキンした高温は角が丸くなり心地よい。ヴォーカルの質感はよりセクシーで官能的。
HIPHOP、R&Bのビートがこれ程までに美音を発している事が嬉しくてたまらない!!

SA-3


映画を5chで視聴してても、開いた口が閉まらなくなる程の変化。
前途のように低音が締まり、全くうるさくない。そのためボリュームをドンドン上げてしまう。
ここまでの変化があるならセンター用にAVアンプとパワーアンプの間にSA-3を使い、フロント用にSA-5000を使って映画を体感したい。

theater room

カッコイイ!!

New Loud Theater  - 2014.02.24 Mon

引越しをしてもう3ヶ月くらいになるか、ようやくシアタールームも落ち着いた。
前の部屋より狭くなってしまったため、システムもほんの少しだけ変わった。
まず大きな違いは7.0chが5.0chとスピーカーの数が減った。しかしセッティングとイコライジング次第で充分な包容感のあるサラウンドを得られた。

a


JBL4338 (フロント、センタースピーカー)
BOSE464(リアスピーカー)
DENON AVC-4310(AVアンプ)
Mcintosh MC7300×3(フロント、センター用)
YAMAHA M-35(リア用)
SONY EP9ES(デジタル シグナル プロセッサー〈レーザーディスク用〉)
Aurex SY-88(コントロールアンプ)
DENON DBP-4010UD (ブルーレイプレーヤー)
PIONNER BDP-320(ブルーレイプレーヤー)
PIONNER CLD-HF9G (レーザーディスクプレーヤー)
DENON DP-60M(レコードプレーヤー)
JVC DLA-HD1(プロジェクター)

c b

007 カジノ ロワイヤル - 2012.07.31 Tue

007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション (2枚組) [Blu-ray]007 カジノ・ロワイヤル スペシャル・エディション (2枚組) [Blu-ray]
(2008/12/19)
ダニエル・クレイグ、エヴァ・グリーン 他

商品詳細を見る


ようやくスペシャル エディションをGETできた。やはり田舎で物色してるとお宝の発掘率が高い!!! そして安い!!!
ネットの中古販売の半額以下でのGET。やはり興奮してしまうw

映像や音響に関しても通常版とはレベルの差を見せつけられた。映像フォーマットはMPEG4でどちらも使用が同じ。大きな違いは音声。通常版ではリニアPCM5.1chのに対してSP版ではDOLBY TURE HD5.1ch。この差はかなり大きい。音圧が上がり臨場感がより増したこともあり、セリフのリアリズムに鳥肌が立つ。そして音が変わった恩恵で映像がより栄えて見える。より発色が良くなり、奥行き感が素晴らしい。

さて「カジノ ロワイヤル」は、'54年にテレビドラマ化され、'67年には映画化もされている。しかし映画版はコメディタッチで原作とはかけ離れた作品だった。そのため今作は原作に忠実に作られた。
内容は暗殺の仕事を2度成功させジェームズ・ボンドは"00”(ダブル・オー)の地位に昇格。最初の任務で世界中のテロリストの資金運用をしているル・シェフルの存在を突き止める。そして彼の資金運用はボンドの活躍により阻止されてしまう。窮地に立たされたル・シェフルは高額掛金のポーカーで資金を稼ごうとする。ボンドも彼と勝負をするためモンテネグロに向かう前に国家予算である掛け金1500万ドルの監視役として財務省から送り込まれたセクシーレディ、ヴェスパー・リンド(エヴァ・グリーン)が現れる。ラストのイタリアでの場面も素晴らしいが、中盤のポーカーでのル・シェフルとボンドの一騎打ちはハラハラドキドキで手に汗握る。やはりどんちゃん騒ぎのシーンもワクワクして好きだが、今回のような心理戦っていうのも非常に見ものだ。
今作では新たなジェームズ・ボンドを演じたのがダニエル・クレイグ。こんなかっこいいオジさんになりたいと見とれてしまうほど素敵な俳優だ。ダニエル・クレイグで記憶に新しいのは「ドラゴン・タトゥーの女」だろう。両作品に言えることは、ダニエル・クレイグのスーツ姿が異常なほどにカッコイイ!!!普段スーツを着ない人間としては本当に羨ましく思ってしまう。
20代の自分としては"ダブル・オーは昔の映画”という印象を持っていたが、今作はそのレッテルを打ち破ってくれた。ストーリー展開が非常に軽快で2時間半という時間があっという間に過ぎてしまう。
12月公開のスカイフォールも今から楽しみで仕方がない。

GONE BABY GONE - 2012.07.20 Fri

ゴーン・ベイビー・ゴーン [Blu-ray]ゴーン・ベイビー・ゴーン [Blu-ray]
(2008/09/17)
ケイシー・アフレック、ミシェル・モナハン 他

商品詳細を見る


前回から1ヶ月以上ブログの更新ができず・・・。
この1ヶ月の間に何本の洋画邦画の映画を観たか分からないくらいなのだが、今回は特に印象に残った作品。
監督は今作が初監督作品となったベンアフレック。主演はベンの弟のケイシーアフレック。似ていると言えば似ているが、ベンは肉食男子、ケイシーは草食男子という感じだろうか。
ストーリーはパトリック(ケイシーアフレック)はボストンでパートナー兼恋人のアンジー(ミシェルモナハン)と組んで失踪者を探す私立探偵。ある日、下層階級が住む小さな町で少女誘拐事件が起きる。4歳の少女アマンダが自宅から忽然と姿を消した。「娘を助けて」と悲痛な姿をテレビカメラにさらし世間の関心を一身に集める母親・・・テレビのニュース、ワイドショーは一斉にこの事件を取り上げ、街は騒然となる。初日に解決をしないと、検挙率が10%まで落ち込むという誘拐事件。しかし少女の失踪から既に3 日が経過していた。
そんな中、パトリックとアンジーのもとへ、アマンダの叔母ビーと叔父ライオネルが訪れ、姪の捜索を懇願する。事件の重さにアンジーは難色を示すが、ビーの熱心な依頼に根負けし、二人は仕事を引き受ける。アマンダの母親へリーンを訪ねてみると、彼女は酒とドラッグに溺れた自堕落な暮らし振り。誘拐前は、彼女の育児放棄を見かねたビーとライオネルが何かとアマンダの世話を焼いていたのだった。しかし、捜索は遅々として進まず、誰もが焦燥感に駆られていた。パトリックとアンジーはボストン市警の刑事たち(モーガンフリーマンなど)と組んで全力で捜査を進める。次第に捜査線上に浮かび上がるその町の暗部。ドラッグ中毒者、売人、闇を抱えた人間たちが集まる酒場、そして暴力・・・。
やがて彼らは、ヘリーンがドラッグの売人から金を盗んだという事実をつかむ。アマンダの命は助かったのか。これ以上はこの場で話せない。是非自分自身でクライマックスにビビっていただきたい。
しかしながら、この作品のテーマは非常に考えさせられるものがある。自分の人生が本当に幸せだったかは自分が死を目前にした時に初めて分かる事である。子供にとっての幸せとは何なのか。酒やドラッグに溺れ育児に向き合えない本当の母親と、愛に満ち溢れお金にも不自由しない家族。どちらの状況下がベストなのか。そんなことは誰にも分からない。分からないが一人一人意見はある。しかしその意見は肯定も否定もできない。
そんなことを考えさせられる作品。是非、観ていただきたい。

余談だが、ベンアフレックの初作品の出来があまりにも良かったせいか、2作目の「the town」は「ヒート」とも作風が似ていることもあり1作目を超える作品ではなかったかなと思う。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

JBL4338

Author:JBL4338
Welcome to the Home Theater for the Movie.

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
シアター (6)
映画 (29)
ライヴ (3)
ソフト比較 (3)
レコード (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR