FC2ブログ

2019-10

GHOST IN THE SHELL 2.0 / 攻殻機動隊 - 2012.04.23 Mon


GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0 [Blu-ray]GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0 [Blu-ray]
(2008/12/19)
田中敦子、大塚明夫 他

商品詳細を見る


映画を好きだという人間は必ずこの作品を一度は観ているであろう、日本を代表するアニメ映画の一つである。
監督は世界的にも有名な押井守監督。彼は映画の内容はもちろん、映像、音響の面に関しても相当力を入れて作品を制作している。
今回は攻殻機動隊の感想ではなく、国内盤ブルーレイと英国盤ブルーレイの音響比較である。あくまでも主観的、我が家のシステムでの比較での感想であることを理解していただきたい。
まず両者の大きな違いは音声である。国内盤ではDolby True HD 6.1。英国盤ではDTS HD 6.1。国内盤がなぜDTSを採用しなかったのか不思議であるが、やはり音響に関しては一目瞭然。音圧、空気感、サラウンド、全てにおいてDTSが優勢。攻殻機動隊2.0は劇場公開時、新宿ミラノ座で上映されていたのを観に行ったが、あの時の音の押し出し感、重厚感、インパクト感を彷彿させてくれたのは英国盤である。ミラノ座でも上映時はDTS-ES 6.1だったそうだ。
オープニングシーンは音響チェック時にも度々使用しているが、4338があれだけ唸りをあげて軽快に音楽を奏でている映画は久々であった。特に劇中中盤の音楽メインのシーンは圧巻。太鼓の音はお腹に響きを感じる音圧の中で、鈴のような楽器の音が凛とした音を奏で、作品後半をより楽しみにさせてくれる高揚感がある。そしてラストの銃撃シーン。録音をスカイウォーカーで取り直しているだけあり実にリアルな音作りがされている。音の距離感、重量感を音から感じ取ることができる。
それに対して国内盤は当然、出来栄えとしてはとても優秀である。が、しかしDTSと比較してしまうと、やはり音圧が弱く、臨場感も狭く乏しく感じてしまう。広域部ではDTSよりハッキリとしており明確であるが、自分の好みではなかった。言えば音色が薄く、サラっとした音作りは国内盤。音色が濃く、粘りの中に力強さがある音作りが英国盤。
個人的には普段、攻殻機動隊という作品を楽しむ時は英国盤での視聴になるだろう。国内盤は英国盤との比較をする時に使用するくらいで出番は当分無さそうだ。
この作品の英国盤はリージョンフリー。値段もamazon.ukで英国盤を新品を買えば、国内盤の中古よりも約半値で購入できる。英国盤を強くオススメしたい。
しかしながら2.0の公開時、自分は24歳。今年で28になるが、たった4年で一つの作品の価値観をまた変えてくれる作品は稀である!!!

スポンサーサイト



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

http://jbl4338.blog.fc2.com/tb.php/26-3547ad59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【GHOST IN THE SHELL 2.0 / 攻殻機動隊】

GHOSTINTHESHELL/攻殻機動隊2.0[Blu-ray](2008/12/19)田中敦子、大塚明夫他商品詳細を見る映画を好きだという人間は必ずこの作品を一度は観ているであろう、日本を代表するアニメ映画の一つであ

CASSHERN «  | BLOG TOP |  » 平成ガメラ Blu-ray Box(北米板)

プロフィール

JBL4338

Author:JBL4338
Welcome to the Home Theater for the Movie.

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
シアター (6)
映画 (29)
ライヴ (3)
ソフト比較 (3)
レコード (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR