FC2ブログ

2019-08

# 35mmフィルムで観る赤線地帯 パート2 - 2014.11.11 Tue

初めて劇場でモノクロ、モノラルの映画を観て、一番驚いたのは、フィルムの画質の良さ!
1956年の作品にも関わらず今のデジタルの絵より滑らかでディテールが本当に素晴らしい。
こんな絵を見てしまうと我が家のプロジェクターの力量に不満が悶々とこみ上げてきてしまう。
フィルムのレベルの高さに脱帽。
音に関しては、感動ゼロ。
テアトル新宿ではJBLのスピーカーで我が家と同じメーカーのため楽しみにしていたが。。。
映画館の音響システムはイコライジング必須であるが、声がスカスカ、高音でキンキン声。
この辺は個人的な好みの音質の話になってしまうが、もっと中域を効かせてホーンでもっともっと前に音を飛ばしてほしい。
JBLのD130にしてもそうだが、グイグイ前に音が飛んでくる感じがザ・映画館。
テアトル新宿の音響だと、断然我が家のシステムでモノラル映画を観た方が映画らしい。
っと、いろいろ言ったが、これはあくまでも個人的見解。
総括すると、フィルムの映像には大大大満足だったが、音響にはガッカリ。
モノラル映画は我が家で視聴するほうが個人的に納得して映画を視聴できることがよく分かった。
スポンサーサイト

35mmフィルムで観る赤線地帯 - 2014.11.07 Fri


赤線地帯 [DVD]赤線地帯 [DVD]
(2012/11/16)
京マチ子、若尾文子 他

商品詳細を見る

祇園囃子 [DVD]祇園囃子 [DVD]
(2007/08/20)
木暮実千代.若尾文子.河津清三郎.進藤英太郎.菅井一郎.田中春男.小柴幹治.浪花千栄子.石原須磨男.志賀廼家弁慶

商品詳細を見る


いよいよです!
テアトル新宿で『花宵道中』の公開を記念して、遊郭、娼館を舞台にした名作群が特集上映されることになった。
特に劇場のスクリーンで観たかったのが溝口健二監督の遺作となった「赤線地帯」である。
しかも!35mmフィルムによる上映!!
この機会を逃すと今後フィルムで「赤線地帯」を観ることはできないだろう。
小暮実千代と若尾文子は「祇園囃子」でも共演しているが、圧倒的な女性の美しさを描ける監督は溝口健二を超える監督が自分の中ではいない。
しかし、ネットでチケットの予約をしたが、予約はまだ自分一人という。。。

実は50年代の映画を劇場で観るのは初めて。
モノラル音声が劇場でどう聴けるか、本当に楽しみだし、今後の我が家のシアターに活かしたい!

最後に余談、いよいよ我が家にガラード401がやってくる!
しかも初期型の2000番台なのに状態は極上良好。
アームはグレースのG-945 silver Ⅱ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

JBL4338

Author:JBL4338
Welcome to the Home Theater for the Movie.

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
シアター (6)
映画 (29)
ライヴ (3)
ソフト比較 (3)
レコード (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR